テニスのラドゥカヌ選手とは?両親や出身地などプロフィール

女子テニスのエマ・ラドゥカヌ(ラドゥカニュ)選手は、全米OP2021シングルスで、予選から参加し、優勝。予選から勝ち抜いて優勝した史上初の選手となりました。

ラドゥカヌ選手とは?

※9/12 ラドゥカヌ選手が優勝。

※9/10準決勝ではサッカリ選手を破り、決勝進出。決勝の相手は、同じく10代のフェルナンデス選手。10代対決は、1999年のヒンギス18歳vsセリーナ・ウィリアムズ17歳以来。→全米OP21女子ドロー

※9/9 準々決勝ではベンチッチ選手を破り、準決勝進出。

エマ・ラドゥカヌ選手とは?

プロフィール

名前 エマ・ラドゥカヌ
イギリス
生年月日 2002/11/13
出生地 カナダ・トロント
身長 175㎝
体重 53㎏
打ち手
バックハンド 両手打ち
得意なショット フォアハンド
得意なコート ハード
テニスを始めた年齢 5歳
プロ転向 2018年
自己最高ランク 150位…2021/8/23
WTA優勝 1…2021全米OP
コーチ アンドリュー・リチャードソン
ラケット ウィルソン Blade 98
ウェア ナイキ
シューズ ナイキ

ラドゥカヌ選手は、2021/9/12現在、18歳。

グランドスラムの出場歴は、2021年ウィンブルドンが初めてで、4回戦に進出。グランドスラム2回目となる全米OP2021では、現在決勝進出中。女子の予選勝者が決勝進出するのは初めてということです。

2018年にプロに転向してから現在まで、主にWTAより下位のITFサーキットで活躍、ITFレベルでは3勝を挙げています。

WTAツアー本戦初出場は、2021年6月のノッティンガムOP。ワイルドカードでの本戦入りでした。

その後のグランドスラム初出場となるウィンブルドンもワイルドカードを獲得して出場しました。初出場ながら4回戦入りし、注目を集めます。18歳と239日は、イギリス女子選手としてウィンブルドン4回戦進出最年少記録でした。4回戦では、第2セットで呼吸困難となり途中棄権しました。

その後、コーチをそれまでのナイジェル・シアーズ氏から、現在のアンドリュー・リチャードソン氏に変更しています。

ラドゥカヌ選手の2021/8/30の世界ランキングは150位で自己最高です。イギリス女子選手としては、コンタ選手、ワトソン選手に次いで3位。※全米OPで優勝したラドゥカヌ選手は、2021/9/13のランキングがいっきに23位に上昇する見込みです。

ラドゥカヌ選手のラケットはウィルソンのブレード98シリーズ。

「あす楽対応」【フレームのみ】ウイルソン Wilson 硬式テニスラケット BLADE 98S V7.0 ブレード98S WR013811S 『即日出荷』

ウェアとシューズはナイキ。

[USサイズ]ナイキ(NIKE) 2021 SU レディース ビクトリー DRI-FIT Vネックタンクトップ CV4784-510 ダークパープルダスト×ホワイト(21y6mテニス)[次回使えるクーポンプレゼント]

全米OP2021の本戦の対戦一覧

ラドゥカヌ選手は、全米OPに初出場ながら、優勝。予選から出場しての女子シングルス決勝進出、そして優勝は、オープンエラとなって以来初めての快挙です。

  • 決勝 L.フェルナンデス(カナダ)
    6-4 6-3 1時間51分
  • 準決勝 M.サッカリ(ギリシャ)(17)18位
    6-1 6-4、1時間24分
  • 準々決勝 B.ベンチッチ(スイス)(11)12位
    6-4 6-4、1時間22分
  • 4回戦 S.ロジャーズ(米)43位
    6-2 6-1、1時間6分
  • 3回戦 S.ソリベストルモ(スペイン)41位
    6-0 6-1、1時間10分
  • 2回戦 S.ジャン(中)49位
    6-2 6-4、1時間22分
  • 1回戦 S.フェーゲレ(スイス)(LL)128位
    6-2 6-3、1時間18分
  • 予選3回戦 M.シェリフ(オランダ)(4)96位
    6-1 6-4、1時間14分
  • 予選2回戦 M.Bolkvadze(ジョージア)167位
    6-3 7-5、1時間37分
  • 予選1回戦 B.スクーフス(オランダ)285位
    6-1 6-2、1時間1分

全米OP2021では、予選1回戦から本戦決勝まですべてストレートで勝利しています。

予選には第31シードで出場しました。

本戦1回戦は、ジェニファー・ブレイディ選手の代わりにラッキールーザーで本戦入りとなったフェーゲレ選手、2回戦は全米前哨戦で負けたばかりのジャン・シューアイ選手、3回戦では世界ランク41位のソリベストルモ選手、4回戦では第1シードのバーティ選手を3回戦で破ったロジャーズ選手に、すべてストレートで勝利し、準々決勝に進出しました。

本戦では準々決勝で、初めてシード選手との対戦となりました。第11シードのベンチッチ選手との準々決勝も、第17シードのサッカリ選手との準決勝も、それまでの試合と同じように、圧巻のストレート勝ちでした。

決勝の相手は、こちらもティーンエイジャーでカナダのフェルナンデス選手でした。あと少しのところで左ひざでスライドし出血したためメディカルタイムアウトが強制されるハプニングもありましたが、ストレートで勝利。初出場にして優勝。予選を勝ち抜いての優勝は史上初、イギリス選手としては2012年の男子のマレー選手以来、イギリス女子選手としては1968年のヴァージニア・ウェイド選手以来、18歳での優勝は、2004年のマリア・シャラポワ選手以来の全米優勝となりました。

両親は?

  • 母 :中国系
  • 父 :ルーマニア系

お父さんとのツーショット写真と客席のお母さん。

イメージ

出典:tennistonic.com

出身地は?

生まれは、2002年、カナダのオンタリオ州トロント。2歳のころ、イギリスのロンドンに引っ越しました。

まとめ

エマ・ラドゥカヌ選手は、ルーマニアと中国出身の両親のもと、2002年カナダ生まれ。2歳のころロンドンに引っ越した。