全豪オープン女子シングルスの歴代優勝選手!どの国のが多い?

テニスの全豪オープンは、1905年から1987年まではウィンブルドンと同じ芝コートでした。1998年から、現在のメルボルンで行われるようになり、ハードコートの大会になりました。女子シングルスはもともと、地元オーストラリア出身の選手の優勝がダントツで多かったのですが、優勝は1978年を最後に、決勝進出は1980年を最後に、オーストラリア選手の姿は2020年まで一度もありません。ハードコートになった1988年からの女子シングルスの歴代優勝選手について調べました。

全豪オープン女子シングルスの歴代優勝選手

  • 2020 S.ケニン(米)
  • 2019 大坂なおみ(日本)
  • 2018 C.ウォズニアッキ(デンマーク)
  • 2017 S.ウィリアムズ(米)
  • 2016 A.ケルバー(独)
  • 2015 S.ウィリアムズ(米)
  • 2014 N.リー(中国)
  • 2013 V.アザレンカ(ベラルーシ)
  • 2012 V.アザレンカ(ベラルーシ)
  • 2011 K.クライシュテルス(ベルギー)
  • 2010 S.ウィリアムズ(米)
  • 2009 S.ウィリアムズ(米)
  • 2008 M.シャラポワ(露)
  • 2007 S.ウィリアムズ(米)
  • 2006 A.モレスモ(仏)
  • 2005 S.ウィリアムズ(米)
  • 2004 J.エナン(ベルギー)
  • 2003 S.ウィリアムズ(米)
  • 2002 J.カプリアティ(米)
  • 2001 J.カプリアティ(米)
  • 2000 L.ダベンポート(米)
  • 1999 M.ヒンギスア(スイス)
  • 1998 M.ヒンギス(スイス)
  • 1997 M.ヒンギス(スイス)
  • 1996 M.セレシュ(米 ユーゴスラビアから変更)
  • 1995 M.ピエルス(仏)
  • 1994 S.グラフ(独)
  • 1993 Mセレシュ(ユーゴスラビア)
  • 1992 M.セレシュ(ユーゴスラビア)
  • 1991 M.セレシュ(ユーゴスラビア)
  • 1990 S.グラフ(独)
  • 1989 S.グラフ(独)
  • 1988 S.グラフ(独)

国別にすると、

  • アメリカ 12回
  • ドイツ 5回
  • スイス 3回
  • ユーゴスラビア 3回
  • フランス 2回
  • ベルギー 2回
  • ベラルーシ 2回
  • 日本、デンマーク、ロシア、中国 各1回

選手別では、

  • S.ウィリアムズ(米) 6回
  • S.グラフ(独) 4回
  • M.セレシュ(米、ユーゴ) 4回
  • M.ヒンギス(スイス) 3回
  • V.アザレンカ(ベラルーシ) 2回
  • J.カプリアティ(米) 2回

まとめ

ハードコートになってからの全豪オープンテニ女子シングルスの歴代優勝者は、アメリカ選手が多い。