全米オープン2020テニスコートの新サーフェスとは

テニスの全米オープンは、2020年からコートのサーフェスが新しくなります。ハードコートであることは同じですが、これまでと何が変わったのでしょう。

全米オープン2020からのコートのサーフェス

全米オープンのコートのサーフェスは、ハードです。2020からもハードですが、ブランドが変わります。その新サーフェスは、

  • Laykold (レイコウド )

全米オープンでは、1978年からDecoTurf(デコターフ)というハードコートのサーフェスを使用してきました。実に42年ぶりの変更となります。

ちなみに、1975-77年の3年間はクレーコートで、それより前は1881年から長きにわたり芝コートでした。

2020年からのLaykoldの契約は5年ということです。

Laykoldは、ハードコートの最も歴史あるブランドです。現在、マイアミオープンやニューヨークオープンでも使われています。

Laykoldは、ドイツに本社があるSport Group社のAPT(アドバンスト・ポリマー・テクノロジー)が製造しています。

なぜこのサーフェスに変えたの?

公式サイトによると、理由は次の通り。

  • ナショナルテニスセンターの全面的な改修工事の締めくくりに、コートのサーフェスについても、あらゆる新しいアプローチや技術を探求する時だと感じた
  • この探索で、Laykoldがすぐにトップに浮上、コートのパフォーマンスとスピードがより安定していて、世界最高のプレーとパフォーマンスをを発揮するコートになると確信している
  • APTは世界で唯一、ISO14001環境認証を取得しているコート製造者で、持続可能性へコミットできる
  • Laykoldは業界で最も環境にやさしい

コートのスピードはどうなる?

コートのスピードは、これまでと比べると、遅くなります。

Laykoldのスピードのカテゴリーは、

  • ミディアム

これまでのデコターフは、ミディアム=ファストでした。

コートの色は?

色については発表されていません。

これまでの色はブルーです。

まとめ

全米オープンのハードコートは、2020年から、これまでのDecoTurfに変わり、Laykoldにブランドを変更する。これまでよりも遅いコートになる。

引用元:https://www.usopen.org/