ココ・ガウフ選手とは!身長やラケットやコーチなどプロフィール

※2020/1/24追記 ガウフ選手は、全豪2020の3回戦で、ディフェンディングチャンピオンだった大坂選手を1時間7分、ストレートセットで破りました。

–1/24追記ここまで—

史上最年少15歳でウィンブルドン2019の予選を突破し、本戦入りしたのみならず、1回戦では過去5回ウィンブルドンで優勝しているビーナス・ウィリアムズ選手を破り、世界の注目を浴びているコリ ”ココ”・ガウフ選手。いったいどんな選手?プロフィールを調べてみました。

※2020/1/20追記 ガウフ選手は2020年全豪オープンの1回戦で、ビーナス選手と再対戦。またまた勝利しました。

–1/20追記ここまで–

ココ・ガウフ プロフィール

Gauff

出典:itftennis.com

名前 コリ “ココ”・ガウフ
アメリカ
生年月日 2004/3/13
居住地 フロリダ州デルレイビーチ
身長 175㎝
打ち手 右打ち
バックハンド 両手打ち
コーチ コーリー・ガウフ(父)、ジャン=クリストフ・フォーレル
テニスを始めた年齢 6歳
得意なサーフェス ハード
スポンサー ニューバランス
バリラ(イタリアの食品会社)
プロデビュー 2018年5月
WTA自己最高ランク 66位 2020/1/13
グランドスラム最高成績 ウィンブルドン2019 4回戦
WTA優勝 ダブルス2勝 2019シティオープン、2019ルクセンブルク
(パートナーはマクナリー)
WTA初勝利 マイアミオープン2019
ITF優勝 ITF Surprise2019 ダブルス
ジュニア優勝 全仏オープン2018(14歳)
全米オープン2018 ダブルス
ウェア ニューバランス
シューズ ニューバランス
ラケット ヘッド

ガウフ選手の愛称はココ。コリという名前は父の名前から付けられたそうです。WTAでの名前は、愛称のココになっています。

ガウフ選手は2004年、元ジョージア州立大学のバスケットボール選手の父と元フロリダ州立大学の陸上選手の母というアスリート両親のもと、ジョージア州のアトランタで生まれました。兄弟は弟が2人。

身長175センチ、右打ち。

テニスを始めたのは6歳の頃。7歳の頃、テニスを本格的に学ぶため、それまで暮らしていたジョージア州のアトランタから、より環境が整ったフロリダに引っ越しました。

ガウフ選手は、デルレイビーチのニュージェネレーション・テニスアカデミーで、ジェラルド・ログロ氏に師事していました。

11歳の時には、セリーナ・ウィリアムズ選手のコーチ、ムラトグルー氏の目に留まり、フランスのニースでトレーニングしました。ムラトグルー氏は「ガウフ選手はトップ中のトップになれる素材だ」と言っています。

12歳の時には、セリーナ・ウィリアムズ選手を追い抜き、史上最高の選手になることを目標にすると語りました。

現在、ガウフ選手のコーチを務めるのは、父のコーリーさんです。

2019年には、元男子プロのジャン=クリストフ・フォーレル氏もkコーチに加わりました。フォーレル氏は左のひげのある人物。

母はこの方。

2017年、13歳のガウフ選手は、全米オープンジュニアのシングルスで史上最年少の準優勝選手となりました。2018年には全仏オープンで、14歳で史上2番目に若い優勝選手となりました。その年その後の全米オープンではダブルスで優勝します。

プロの大会に初出場したのは、昨年2018年5月の大会です。1回戦を勝利しました。

2019年2月にはダブルスで初優勝します。

上位のプロレベルであるWTAツアーの大会初出場は2019年のマイアミオープンでした。1回戦では、ダブルスのパートナーでもあるマクナリー選手と対戦し勝利。WTAツアー初勝利を挙げました。

10月にはシングルスでも初優勝。

翌週、またダブルスで優勝しました。パートナーはマクナリー選手です。

グランドスラムについては、2018年の全米オープン予選でシングルスに初出場。2019年には全仏、そしてウィンブルドンの予選にはワイルドカードで出場しました。そして、15歳と122日のガウフ選手は、ウィンブルドンで初めて本戦入りします。15歳での出場は10年前のローラ・ロブソン選手以来の最年少記録です。

そして迎えた1回戦、相手は、ガウフ選手あこがれの選手であった39歳のビーナス・ウィリアムズ選手。6-4,6-4、1時間19分のストレートで2回戦進出を決めました。

ガウフ選手は”なんて日だ”とツイートしています。


大坂なおみ選手があこがれのセリーナ選手を破った時のことが思い出されますね。

ウィンブルドン2019でガウフ選手は4回戦まで勝ち進み、さらに世界の注目を浴びることとなりました。

次の全米オープンでは3回戦進出。3回戦では大坂なおみ選手と初対戦し、敗退。試合直後のガウフ選手は大泣きしていましたが、大坂選手がガウフ選手に声をかけ、大坂選手とともに、会場でのインタビューに応じました。

ガウフ選手のラケットはヘッドのGraohene 360 Speed MP。

ヘッド グラフィン 360 スピード MP 2018(HEAD GRAPHENE 360 SPEED MP)300g 235218 硬式テニスラケット

ガウフ選手が現在身に着けているのはニューバランスです。



ニューバランス(new balance) テニスウェア レディース トーナメントシームレスタンク WT83431

向かって左の胸元の赤いロゴはバリラ。青い箱のパスタが日本でも人気のイタリアの食品メーカーのロゴです。
筆者的にはバリラNo.3のスパゲティが好きです。

バリラ No.3(1.4mm) スパゲッティーニ 500g Barilla パスタ

報道によるとガウフ選手にとって、ウィンブルドンでのビーナス・ウィリアムズ選手との試合は、初めての大舞台だったそうです。メンタルを保つのに参考にしたmpじゃ、映画「勝利への旅立ち」だとメディアに語っています。

映画を楽天で探してみたところ、中古商品となってました。1986年のアメリカの映画です。


HV08032【中古】【VHSビデオ】勝利への旅立ち 字幕版

インディアナ州の小さな町の高校のバスケチームのお話。初めて大都市インディアナポリスの大舞台に立つときにコーチが選手たちに言い聞かせた「コートの周りは何もかもが大きいかもしれないが、コートの大きさは同じ」というあたりを参考にしたそうです。

大坂なおみとの対戦成績は?

  • 大坂 1-1 ガウフ
    • 2019 全米3回戦 ハード 勝者:大坂 6-3 6-0  1時間5分
    • 2020 全豪3回戦 ハード 勝者:ガウフ 6-3 6-4 1時間7分

まとめ

ガウフ選手は、元大学アスリートの両親を持つ2004年生まれの選手。ジュニア時代から強く、セリーナ・ウィリアムズ選手選手のコーチとも練習したことがある逸材。現在15歳での身長は176センチ、コーチは父のコーリー・ガウフ氏。ウェアはニューバランスでラケットはヘッドである。

女子テニスを見るならDAZN

関連記事:

ウィンブルドン2019予選のトーナメント組み合わせ表!日本選手は
...
ウィンブルドン2019女子ドローとシード!日本選手の組み合わせは
...