ウィンブルドンの歴代優勝選手!最多優勝選手や国別では

テニスのウィンブルドン選手権は1877年から続くもっとも歴史のある大会です。シングルスの歴代優勝選手について調べました。最多優勝記録は誰?どの国の選手が強いの?

ウィンブルドンで最も多く優勝している選手

シングルスで、史上最多優勝を誇るのは、

  • 男子:ロジャー・フェデラー(スイス) 8回
    2003, 2004, 2005, 2006, 2007, 2009, 2012, 2017
  • 女子:マルティナ・ナルバチロワ(米) 9回
    1978, 1979, 1982, 1983, 1984, 1985, 1986, 1987, 1990

ウィンブルドン シングルスの歴代優勝選手

大人数になってしまうので、現在も活躍する選手が多い2000年からの一覧にしました。

男子 女子
2000 P.サンプラス(米) V.ウィリアムズ(米)
2001 G.イワニセビッチ(クロアチア) V.ウィリアムズ(米)
2002 L.ヒューイット(豪) S.ウィリアムズ(米)
2003 R.フェデラー(スイス) S.ウィリアムズ(米)
2004 R.フェデラー(スイス) M.シャラポワ(露)
2005 R.フェデラー(スイス) V.ウィリアムズ(米)
2006 R.フェデラー(スイス) A.モレスモ(仏)
2007 R.フェデラー(スイス) V.ウィリアムズ(米)
2008 R.ナダル(スペイン) V.ウィリアムズ(米)
2009 R.フェデラー(スイス) S.ウィリアムズ(米)
2010 R.ナダル(スペイン) S.ウィリアムズ(米)
2011 N.ジョコビッチ(セルビア) P.クビトバ(チェコ)
2012 R.フェデラー(スイス) S.ウィリアムズ(米)
2013 A.マレー(英) M.バルトリ(仏)
2014 N.ジョコビッチ P.クビトバ(チェコ)
2015 N.ジョコビッチ S.ウィリアムズ(米)
2016 A.マレー(英) S.ウィリアムズ(米)
2017 R.フェデラー(スイス) G.ムグルサ(スペイン)
2018 N.ジョコビッチ(セルビア) A.ケルバー(独)

男子ではいわゆるビッグフォーと呼ばれる選手が、女子ではウィリアムズ姉妹の名前がずらりと並んでいます。

男子では、2006~2008の3回連続で、決勝がフェデラーvsナダルという組み合わせでした。フェデラー選手は2003年以降16回の決勝中11回に登場しています。

女子ではセリーナ・ウィリアムズ選手が7回優勝、姉のビーナス・ウィリアムズ選手は5回優勝、決勝が姉妹対決だったことが4回ありました。勝敗は、セリーナ3-1ビーナス。

ウィンブルドンの優勝 多い順一覧

複数回優勝している選手も多くいます。オープンエラと呼ばれるプロが参加するようになった1968年以降の優勝選手のみを一覧にしました。優勝1回のみの選手は含まれていません。

男子

R.フェデラー 8回
P.サンプラス 7回
B.ボルグ 5回
N.ジョコビッチ 4回
J.マッケンロー 3回
B.ベッカー 3回
R.レーバー 2回
J.ニューカム 2回
J.コナーズ 2回
S.エドベリ 2回
R.ナダル 2回
A.マレー 2回

女子

M.ナブラチロワ 9回
S.グラフ 7回
S.ウィリアムズ 7回
V.ウィリアムズ 5回
B.J.キング 4回
C.エバート 3回
E.コーリー 2回
P.クビトバ 2回

ウィンブルドンの優勝 多い国順

こちらも1968年以降のオープンエラのものだけ数えました。

男子

アメリカ 15回
スイス 8回
スウェーデン 7回
オーストラリア 6回
ドイツ 4回
セルビア 4回
イギリス 2回
スペイン 2回
クロアチア 1回
チェコスロバキア(1973年) 1回
オランダ 1回

女子

アメリカ 29回
ドイツ 8回
オーストラリア 3回
チェコ 3回
イギリス 2回
スペイン 2回
フランス 2回
スイス 1回
ロシア 1回

アメリカの選手がダントツで多いです。

日本が名を連ねることができる日も来るでしょうか。

引用元:atptour.com、wtatennis.com