全仏オープン2019の会場マップ!シモーヌ・マチュー新コートの場所はどこ

全仏オープンの会場は、フランス・パリのブローニュの森の中にあるスタッド・ローラン・ギャロスです。2019年には、コート・シモーヌ・マチューという新しいコートがお目見えしました。環境に配慮した最新鋭のコートとして紹介されているのですが、マップ上に見当たりません。いったいどこにあるのでしょう。

全仏オープンの会場の位置

全仏オープンが開催される国は、

  • フランス

都市は、

  • パリ

会場は、

  • スタッド・ローラン・ギャロス

です。

スタッド・ローラン・ギャロスは、パリ中心部から西に5キロほどの位置にあるパリ16区の森林公園ブローニュの森の一角にあります。パリの地図で見るとこの赤い丸の位置。

マップ1

出典:fr.wikipedia.org

全仏オープン2019の新しいコート

公式サイトによると、全仏オープンに使用するという新しいスタジアムコート「コート・シモーヌ・マチュー」が2019年3月にお目見えしました。

シモーヌ・マチューとは、1938~39に全仏オープンで優勝したフランスの女子テニス選手の名前です。

キャパ5000、周りの環境になじむように地下4メートルのところに作られたコートで、四方がグリーンハウス、いわゆる温室になっています。

この新コートは、これまでのコート1に代わって、全仏オープンの第3のコートとして利用されます。

全仏オープンの会場マップ

会場マップが2019年の公式サイトには見当たりませんでした。

というわけでフランス語版ウィキペディアに載っているマップはこんな感じです。

マップ

出典:fr.wikipedia.org

探してみるとfrenchopen2019live.comにもう少し詳しいマップがありました。

マップ

出典:https://frenchopen2019live.com/category/french-open-2019-venue/

メインコートは一番大きなスタジアムの「コート・フィリップ・シャトリエ」でキャパは約15000、そして、第2のスタジアムは「コート・スザンヌ・ランラン」キャパ約10000です。

そして第3のコートは右側にある丸いスタジアム。ここは「コート1」です。2019年内に取り壊される予定です。

しかしながら、コート・シモーヌ・マチューがどこにもありません。

というわけで、もう一度確かめてみると、

  • コート・シモーヌ・マチューは、ジャルダンデセレドゥトゥイJardin des Serres d’Auteuilにある

ということなので、グーグルマップで確認すると、ありました。

マップ

グーグルマップより
書き込みは筆者

これまでの会場の東側のエリアがJardin des Serres d’Auteuilと呼ばれているところで、その一角にありました。

そういえば、公式サイトのアクセス情報の地図がこんな形になっています。

マップ

出典:rolandgarros.com

この右側にはみ出した部分が新しい会場のある位置でした。

まとめ

全仏オープン2019の会場は、フランス・パリのブローニュの森にあるスタッド・ローラン・ギャロス。2019年から、自然に配慮した新しいスタジアム「コート・シモーヌ・マチュー」が、これまでの会場の東の外側にオープンし、コート・フィリップ・シャトリエ、コート・スザンヌ・ランランに並ぶ第3のスタジアムとして活躍することとなった。