ATPツアー男子テニス大会のカテゴリーと格付け!ポイント数は?

男子のプロテニス界を仕切るのは、ATP(男子プロテニス協会)です。プロの男子テニス選手は、ATPが作った仕組みに組み込まれて、世界中のテニス大会を回ります。各テニス大会は、レベル別のカテゴリーで格付けされ、組織されています。カテゴリーと成績ごとに選手へ付与されるATPポイントの数が決められていて、選手は、獲得したポイント数によって世界ランキングが決まります。
男子テニス大会の格付けについて調べました。

男子テニス大会の格付け図

男子のプロテニス大会の格付けを模式図にしてみました。各層の単語はカテゴリーの名前です。

atp-categories

上にあるほど、格が高いカテゴリーです。

上にあるほど、出場選手に付与されるATPポイント数、賞金額、大会規模が大きくなります。

ATPポイントとは、ATP(男子プロテニス協会)が統括するポイントシステムです。「ATPランキング」と呼ばれる男子プロ選手ランキングや各選手の大会への出場権やシードを公平に決定するためのポイントシステムです。男子テニスの「世界ランキング」とは、このATPランキングのことです。

男子プロテニスの最高格のカテゴリーは、「グランドスラム」です。これは女子の場合も同じです。グランドスラム優勝のATPポイントは2000です。

次が青色の部分の「ATPワールドツアー」、ATP(男子プロテニス協会)が統括する大会群です。ATPワールドツアーは、「ATPファイナルズ」「ATPマスターズ1000」「ATP500」「ATP250」の4つのカテゴリーに分けられています。1000、500、250の数字は、そのカテゴリーの大会で優勝者に付与されるポイント数です。

錦織圭選手などトップ選手が活躍する大会は、グランドスラムとATPワールドツアーのカテゴリーに属する大会です。「ATPツアーレベル」といった場合、ATP250以上のレベルに属する大会を指しています。

その下の「ATPチャレンジャーツアー」は、ATPとついてはいるのですが、ATPツアーには含まれません。2018年には、錦織選手が復帰後の初戦にこのカテゴリーの大会に出場しましたね。普段よりも下のレベルの大会に出場し、回復具合を確かめていたといえます。

その下が、ITF(国際テニス連盟)が統括する「ITFサーキット」で、「フューチャーズ」とも呼ばれています。ここまでが、プロレベルとされるテニス大会です。

2019年からは、ITFサーキットの下に、「ITFトランジションツアー」というカテゴリーが新しく導入されます。ITFトランジションツアーでは、選手にATPのポイントは付与されず、「ITFエントリーポイント」という新しいポイントが付与されます。ATPポイントが付与されないということは、ATPランキングがつかないということになるので、プロテニスのカテゴリーというよりは、プロへ移行中のプロ未満カテゴリーといったところです。しかしながら、ITFトランジションツアーで好成績の選手に、ITFサーキットへの出場権が与えられることになっていますから、このカテゴリーも図に加えました。

尚、ATPのルールブックには、このほかに「デビスカップ」というカテゴリーもあるのですが、2018年にはデビスカップでのポイント付与はありませんでしたので、今回は省きました。変更があれば更新したいと思います。

男子プロテニスの大会カテゴリーとポイント

グランドスラム

グランドスラムは、四大大会、またはテニスのメジャーのことで次の4大会です。

  • 全豪オープン
  • 全仏オープン
  • ウィンブルドン
  • 全米オープン

グランドスラムの統轄は、ATPではなくITF(国際テニス連盟)が担当しています。

優勝時に付与されるATPポイント数は2000。シングルスのポイント一覧は次の通り。

優勝 準優勝 準決勝 準々決勝 ラウンド16 ラウンド32 ラウンド64 ラウンド128
2000 1200 720 360 180 90 45 10

ATPワールドツアー

ATPワールドツアーは、ATPが統括する大会群で、グランドスラムに次ぐ格付けの大会です。トップ選手はグランドスラムとこのATPワールドツアーレベルの大会にのみ出場しています。

ATPワールドツアーには次の4つのカテゴリーがあります。

ATPファイナルズ

正式名は「ATPワールドツアーファイナルズ」。略して「ATPファイナルズ」は、シングルス、ダブルス各トップ8組だけが参加できる年間最終戦です。年に1大会しかない特別編と言えるでしょう。

全勝優勝した場合のATPポイント数は、1500。

ATPマスターズ1000

正式名は「ATPワールドツアーズマスターズ1000」。略して「ATPマスターズ1000」または「マスターズ」は、通常大会としてはグランドスラムに次ぐ格付けのカテゴリーです。マスターズに属する大会は9大会。

  • BNPパリバオープン(インディアンウェルズ・マスターズ)
  • マイアミオープン
  • モンテカルロ・マスターズ
  • マドリード・オープン
  • イタリア国際
  • ロジャーズカップ(カナディアンオープン)
  • ウェスタン&サザンオープン(シンシナティ・マスターズ)
  • 上海マスターズ
  • パリマスターズ

優勝のATPポイント数は、1000。シングルスのポイント一覧は次の通り。

優勝 準優勝 準決勝 準々決勝 ラウンド16 ラウンド32 ラウンド64 ラウンド128
1000 600 360 180 90 45 10(25) (10)

()内は、ドロー数が96で128ラインのドロー表になるBNPパリバオープンとマイアミオープンでのポイント数です。それ以外の7大会ではドロー数が56または48で、64ラインのドロー表になります。

ATP500

正式名は「ATPワールドツアー500」。略して「ATP500」は、優勝ポイントが500のカテゴリーです。全部で13大会あります。日本で開催される楽天オープン(ジャパンオープン)もこのカテゴリーの大会です。

  • ロッテルダムオープン
  • リオオープン
  • ドバイ・テニスチャンピオンシップ
  • メキシコ・オープン
  • バルセロナ・オープン
  • クイーンズクラブ選手権
  • ゲリーウェバー・オープン(ハレ・オープン)
  • ドイツ・オープン
  • シティ・オープン(ワシントン・オープン)
  • チャイナ・オープン
  • 楽天オープン(ジャパン・オープン)
  • エルステバンク・オープン(ウィーン・オープン)
  • スイスインドア

シングルスのポイント一覧は次の通り。

優勝 準優勝 準決勝 準々決勝 ラウンド16 ラウンド32 ラウンド64
500 300 180 90 45 0(20) (0)

()内は、ライン数64のドロー表だった場合。

ATP250

正式名は「ATPワールドツアー250」。略して「ATP250」は、優勝ポイントが250のカテゴリーです。40大会あります。多いのでここでは省略します。

シングルスのポイント一覧は次の通り。

  優勝 準優勝 準決勝 準々決勝 ラウンド16 ラウンド32 ラウンド64
ATP 250 250 150 90 45 20 0(10) (0)

()内は、ライン数64のドロー表だった場合。

ATPチャレンジャーツアー

ATPチャレンジャーツアーは、ATPツアーの下に位置づけられるカテゴリーです。ATPツアーには含まれません。

ATPチャレンジャーツアーの対価は2018年には159大会ありました。優勝ポイント数は、賞金総額によって80~125の6段階に区切られています。

  優勝 準優勝 準決勝 準々決勝 ラウンド16
チャレンジャー125,000 +H 125 75 45 25 10
チャレンジャー125,000 110 65 40 20 9
チャレンジャー100,000 100 60 35 18 8
チャレンジャー75,000 90 55 33 17 8
チャレンジャー50,000 80 48 29 15 7
チャレンジャー 40,000 +H 80 48 29 15 6

ITFサーキット(フューチャーズ)

ITFサーキットは、チャレンジャーズの下のレベルの大会群で、ITFが統括する大会群です。フューチャーズとも呼ばれています。2018年には600以上の大会がありました。

ITFサーキットは、2019年から新しくなります。

ITFサーキットには、賞金総額が1万5000ドルの大会と2万5000ドルの大会がありましたが、2019年には、賞金総額2万5000ドルの大会のみがITFサーキットとして存続し、1万5000ドルの大会は「ITFトランジションツアー」としてITFサーキットから分離されます。

2020年には、2万5000ドルの大会も「ITFトランジションツアー」に組み込まれる予定です。

付与されるポイントも変わります。

これまでは、ATPのポイント制しかありませんでしたが、2019年からは「ITFエントリーポイント」という新しいポイント制が導入され、2019年のITFサーキットでは「ATPポイント」と「ITFエントリーポイント」両方が使われます。

ITFエントリーポイント制では、ATPランキングとは別の独自のランキング「ITFエントリーポイント・ランキング」ができることになります。

なお、2020年に、2万5000ドルの大会が「ITFトランジションツアー」の一部となれば、付与されるのも「ITFエントリーポイント」のみになる予定です。

2019年のATPポイントとITFエントリーポイントの一覧は次の通り。

■ATPポイント

  優勝 準優勝 準決勝 準々決勝 ラウンド16 ラウンド32
25,000 +H 5 3 1
25,000 3 1

Hは、宿泊や食事の無料サービスが付くこと。

■ITFエントリーポイント

  優勝 準優勝 準決勝 準々決勝 ラウンド16 ラウンド32
25,000 +H 255 135 67 27 9 0
25,000 150 90 45 18 6 0

ITFエントリーポイントについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ITFエントリーポイントとは?ITFトランジションツアーについて
...

ITFトランジションツアー

ITFトランジションツアーは、2019年から新設されるカテゴリーで、ATPポイントが与えられない、その名の通り「プロへ移行中」的な位置づけのカテゴリーです。

前述の通り、2018年までITFサーキットに属していた賞金総額1万5000ドルの大会群で構成されます。そしてATPポイントの代わりに、新しい「ITFエントリーポイント」が付与されます。

付与される「ITFエントリーポイント」の一覧は次の通り。

優勝 準優勝 準決勝 準々決勝 ラウンド16 ラウンド32
15,000 +H 150 90 45 18 6 0
15,000 100 60 330 12 4 0

まとめ

男子プロテニスの大会は、グランドスラムを頂点にカテゴリー分けされ、格付けされている。格が大会ほど大会規模、賞金額、ポイント数も大きい。ポイント数の最高はグランドスラム優勝で2000ポイント、最格下の優勝ポイントは3ポイントである。

ポイント数など引用元は、atpworldtour.comとitftennis.com。

関連記事:

ITFエントリーポイントとは?ITFトランジションツアーについて
...
女子テニスの大会カテゴリーとは?WTAプレミアの意味
...