テニスのATPカップとは?

男子プロテニスでは、2020年から新しく「ATPカップ」が始まります。ATPカップとは?

ATPカップとは

ATPカップは、

  • 男子プロテニスの国別対抗戦

です。

開催地は?

開催地は、

  • オーストラリア3都市

シドニー、ブリスベン、パースの3都市で行われます。準々決勝以降はシドニーで行われます。

いつ開催されるの?

毎年、

  • シーズンが始まる前の週の金曜日からシーズン1週目の日曜日まで

開催期間は10日間です。

2020年は1/3(金)~12(日)の開催です。

何か国が出場する?

2020年の出場国は

  • 24か国

日本は出場するの?

2020年の第1回大会に、日本は、

  • 出場します

出場国はどうやって決まるの?

出場国は、最初のエントリー締切日(2020年の場合は2019/9/13)に、国ごとのATPランキング1位の選手によりトップ18か国が決定します。この時、この18か国の各国2位の選手の出場も決まります。ただし、2回目のエントリー締切日(2020年の場合は2019/11/13)に、その国の上位2位から陥落した場合には、出場取り消しとなる場合もあります。

また、ホスト国であるオーストラリアは、この18か国に含まれなくてもワイルドカードで出場権が付与されます。

2回目のエントリー締切日(2020年の場合は2019/11/13)に、残りの国とすべての国の出場選手が決まります。

※11/14に出場選手が発表されました。

ATPカップ2020の出場選手一覧と組み合わせ
...

大会の試合方式は?

試合方式は、

  • ラウンドロビン→ファイナルズ

グループステージ→決勝トーナメントとも言い換えられます。

24か国は4か国ずつの6グループに分かれて、グループ内総当たり戦のラウンドロビンを行います。

グループを抜けるのは、各グループ1位と2位の国の中で成績のいい2か国の計8か国。その8か国でトーナメント戦となるファイナルズを行います。

各対戦では、

  • シングルス2試合とダブルス1試合が行われ、2試合勝利したほうが勝者

シングルスの試合は、

  • 2セット先取のタイブレーク方式

ダブルスの試合は、

  • ノーアドバンテージ方式で第3セットに入った場合はマッチタイブレーク

試合は、各国の2位vs2位のシングルスから始まり、次に1位vs1位のシングルス、そして最後にダブルスが行われます。シングルス2試合で勝敗が付いたとしても、ダブルスは行われます。

ポイントはどうなる?

ポイントは各選手別に付与されます。勝利するとポイントが入り、ポイント数はどのステージかや対戦相手のランキングによって変わります。

賞金は?

2020年の賞金総額は、2200万豪ドル、米ドルにすると1500万ドルです。

まとめ

テニスのATPカップは、2020年から始まる、男子プロテニスの国別対抗戦で、オーストラリアでテニスシーズンの最初に開催される。世界ランキングが各国の1位の選手の国上位24か国が出場権を得る。

関連記事:

ATPカップ2020日本チームの開催地と組み合わせと試合日程と結果【錦織圭】
...
ATPカップ2020の出場選手一覧と組み合わせ
...