グランドスラムの最終セットのルール比較!2019年は4大会4様

2019年は、全豪オープンやウィンブルドンでシングルスの最終セットのルールが変わり、グランドスラム4大会の最終セットのルールがすべて違うフォーマットになります。最終セット以外では、どの大会でもタイブレークを採用していましたが、最終セットでは、これまでは3大会がアドバンテージ・セットを採用、全米オープンのみタイブレークを採用してきました。2019年はどのように変わったのか一覧にしてみました。

グランドスラム2019シングルス最終セットのルール一覧

最終セットは、男子シングルスでは第5セット、女子シングルスでは第3セットのことで、試合の勝敗を決めるセットです。ディサイディングセットとも呼ばれます。

全豪オープン 6-6から10ポイント・タイブレーク
全仏オープン アドバンテージ・セット
ウィンブルドン 12-12からタイブレーク
全米オープン 6-6からタイブレーク

見事に4大会とも違います。

2018年までのシングルス最終セットは、全米オープン以外の3大会すべてで、2ゲーム差をつけて6ゲーム先取したほうが勝ちという「アドバンテージ・セット」でした。

今度は逆転、全仏オープン以外すべてでタイブレークとなります。全仏はいまのところルール変更を発表していませんが、もしかすると変更する可能性もありますね。

全豪オープンで導入されるのは、「10ポイント・タイブレーク」という、2ポイント差をつけて10ポイント先取した方が勝ちというフォーマットです。
タイブレークが始まるタイミングは、ゲームカウントが6-6となったときです。

ウィンブルドンで導入されるのは、最終セット以外でも行われている「2ゲーム差をつけて7ポイント先取したほうが勝ち」という通常のタイブレークですが、タイブレークを始めるタイミングが「ゲームカウントが12-12になった時」で、6-6の時ではありません。
ウィンブルドンでは、試合が長引くことがたびたび問題になり、今回、1979年以来初めてのルール変更に踏み切ることになりました。

全米オープンのタイブレークは、最終セット以外のセットで行われれている「2ゲーム差をつけて7ポイント先取したほうが勝ち」の通常のタイブレークです。1975年以来変わっていません。

なぜタイブレークを導入するの?

理由は、

  • 試合時間短縮のため

です。

「2ポイント差」が付くまでと「2ゲーム差」が付くまででは、単純に考えれば、時間の差は歴然です。

グランドスラムでの最終セット以外のタイブレークは、1970年代から導入されました。最初は、サドンデスだったりゲームカウントが8-8になった時だったりと違うフォーマットでしたが、現在の6-6から2ポイント差をつけて7ポイント先取という方式は、1979年から定着したそうです。

グランドスラムの長い試合ランキング

  1. 11時間5分 イズナーvsマユ 2010年 ウィンブルドン
  2. 6時間36分 アンダーソンvsイズナー 2018年 ウィンブルドン
  3. 6時間33分 サントロvsクレマン 2004年 全仏オープン
  4. 5時間53分 ジョコビッチvsナダル 2012年 全豪オープン
  5. 5時間41分 マチューvsイズナー 2012年 全仏オープン
  6. 5時間31分 コレチャvsグミ 1998年 全仏オープン
  7. 5時間31分 チリッチvsクエリ 2012年 ウィンブルドン
  8. 5時間28分 Holmes vs Witsken 1989年 ウィンブルドン
  9. 5時間26分 エドバーグvsチャン 1992年 全米オープン
  10. 5時間22分 カロビッチvsセバロス 2017年 全豪オープン

ベスト10は男子のシングルスです。女子では4時間44分の2011年全豪での試合が最長でした。

この10試合のうち最終セットが7-5以上に長かったのは、8試合。有名な1位の試合はゲームカウント70-68まで続きました。
ジョコビッチvsナダル戦の最終セットは7-5、そして最終セットがタイブレークなのに意外にもランクインしている9位の全米オープンの最終セットは6-4でした。

最終セットがタイブレークだとしても、最終セット以外で時間がかかることもあるということです。なぜなら7ポイント先取ではあるけれど、2ポイント差が付くまで最高ポイントのリミットがないからです。では、タイブレークは最高何ポイントまで続いた記録があるのでしょう。

タイブレークの最高スコアの記録は

usatoday.comによると、最も長いのは、グランドスラムではなく、2013年にフロリダで行われたフューチャーズの大会の記録でした。その数、

  • 36-34(ポイント)

11時間5分かかった史上最長試合の決着は70-68(ゲーム)でしたから、約半分です。

グランドスラムでは、ウィンブルドンのダブルスで26-24まで続き、シングルスでは、全仏以外で、20-18というのが何度か出ているのが最長だそうです。

まとめ

グランドスラムでは、2019年から、全仏オープン以外の3大会がシングルスの最終セットをタイブレーク制にする。しかしながら、ややこしいことにそのルールは3大会3様に違っていて、4大会すべてが違う最終セットのルールとなる。

それもまた個性なのかな。違っているからおもしろいのかもしれませんね。

関連記事:

ウィンブルドン2019最終セットのタイブレーク新ルールとは!
...
全豪オープン2019のタイブレーク新ルール!最終セットはここが違う
...
全仏オープン2019最終セットのルール
...
全米オープン2019の最終セットのルール
...