ウィンブルドン2021の日程と放送と時差!チケットは

テニスの代名詞ともいえるウィンブルドン選手権、2020年はパンデミックの影響で中止となりました。世界中のファンがまちわびる2021年大会の日程はどうなっているでしょう。チケットは販売されるのでしょうか。日本での放送予定や時差についても。

ウィンブルドン2021 日程

開催期間は、

  • 6/28(月)~7/11(日)

主な日程は、

  • 6/28(月) シングルス1回戦
  • 6/29(火) シングルス1回戦
  • 6/30(水) シングルス2回戦、ダブルス1回戦
  • 7/1(木) シングルス2回戦、ダブルス1回戦
  • 7/2(金) シングルス3回戦、ダブルス2回戦、混合ダブルス開始
  • 7/3(土) シングルス3回戦、ダブルス2回戦
  • 7/4(日) 休息日
  • 7/5(月) シングルス4回戦、ダブルス3回戦
  • 7/6(火) 女子シングルス準々決勝、男子ダブルス準々決勝
  • 7/7(水) 男子シングルス準々決勝、女子ダブルス準々決勝
  • 7/8(木) 女子シングルス準決勝、男子ダブルス準決勝、車いすの部開始
  • 7/9(金) 男子シングルス準決勝、女子ダブルス準決勝、混合ダブルス準決勝、クアードダブルス決勝
  • 7/10(土) 決勝:女子シングルス、男子ダブルス、女子車いすシングルス、男子車いすダブルス、クアードシングルス
  • 7/11(日) 決勝:男子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルス、男子車いすシングルス、女子車いすダブルス

ウィンブルドン2021 放送予定

日本でウィンブルドンの放送を担当しているのは、

  • NHK
  • WOWOW

ウィンブルドン2021 会場と時差

ウィンブルドンの開催地は、

  • イギリス・ロンドン

会場は、

コートのサーフェスは、

大会開催期間中の日本との時差は、

  • 8時間

日本が8時間進んでいます。たとえば、ウィンブルドンの正午は日本の夜8時、ウィンブルドンの夜7時は日本の翌午前3時です。

会場について詳しくはこちら↓

ウィンブルドンの会場の場所はどこ?会場マップも
...

ウィンブルドン2021 チケットは販売する?

2021/3/18の発表によると、詳細は未定であるものの、観客数を減らしてチケットを販売する可能性が高いということです。

不確実性による混乱を避け、最大限の人数を可能にするため、定員数の決定もできる限り遅くするということで、2021年6月に、オンラインでチケット販売のプラットフォームを開設する予定です。

2021年は、バロットと呼ばれる前売りの抽選販売はありません。

昨年の2020年のチケット保持者については、来年2022年の同じ日、同じコートでのチケットに振り替えられるようにしたいということです。

また、2021年は、ウィンブルドン名物である、会場での当日券販売(Queue)とリセール(Ticket Resale) も行いません。


【送料無料】アクセサリー ネックレスウィンブルドンテニスロゴジュエリーフェデラーウィリアムズイヤリングwimbledon logotipo earrings joyastenis 2019 federer, nadal, williams,

まとめ

テニスのウィンブルドン選手権2021は、6/28~7/11に開催予定。日本での放送は、NHKとWOWOW。会場との時差は8時間。チケットは6月に専用サイトで販売のみ込み。