プロのテニス選手は何人くらいいるの?

プロのテニス選手はいったい何人くらいいるのでしょうか。注目されるのは、世界ランキング上位の選手ばかりですが、テニス大会は毎日どこかで行われています。プロのテニス選手の人数について調べてみました。

プロテニス選手は全部で何人?

プロテニス選手の正確な数は、わかりませんでしたが、おおよその人数について、ITF(国際テニス連盟)のサイトに記事がありました。それによると、世界でプロレベルの大会に出場するテニス選手の数は、

  • 約1万4000人

これは男女の合計です。

次に、プロテニスの組織である、ATP(男子プロテニス協会)とWTA(女子テニス協会)シングルスのランキングに何人載っているかを調べてみたところ、2018/11/30現在で、

  • 男子 2057人
  • 女子 1285人

でした。ちなみに男子の2057位は日本の脇田俊輔選手でした。

男子の最下位付近のATPポイント数は1、女子は3でした。このほかに、現在の保有ポイント数が0のランキングがつかない選手が大勢いると思われます。

ではテニス選手として生計を立てている選手はどれくらいいるのでしょう。ITFのサイトによると、

  • 男子 約350人
  • 女子 約250人

男女合わせると600人ほどです。この人数は各選手の獲得賞金額から算出したものと思われます。

この人数は、最初のプロレベル大会に出場している選手の数の約4.3%、5%にも満たない数です。

この現実を受け、ITFは2019年から下位レベルのプロ選手の仕組みを変更することにしました。

結果として、2019年からATPとWTAのランキングに載る選手数は、

  • ATP 約750人
  • WTA 約750人

へと大きく減少する見込みです。

追記 2019年 シングルスプロテニス選手数

2019/6/16現在、ランキングに載っているプロ選手数は、

  • ATP 681人
  • WTA 898人

日本のプロテニス選手は何人?

とここまでは、世界のテニス選手の数でしたが、日本のみなら、何人くらいになるでしょう。

ATPとWTAのランキングに載っている日本選手の数は、

  • 男子 67人
  • 女子 80人

日本のテニス界を統括する日本テニス協会のサイトで調べてみると、「現役選手」のところに錦織圭選手や大坂なおみ選手のなまえがありますから、これがプロ手に選手のリストであると思われます。その人数は、

  • 男子 40人
  • 女子 36人

おっとATPやWTAの選手のほうが多いんですね。

プロもアマチュアも日本テニス協会の公式大会に出場している選手すべて合わせてランキングしているJTAランキングに載っている選手数は、

  • 男子 1479人
  • 女子 746人

まとめ

プロテニス選手の数は、プロ大会出場ベースで世界で約1万4000人、プロのランキングベースでは約3300人、うち日本選手は147人。一方、テニス選手として生計を立てることができている選手は約600人と少なく、2019年からは、新しい仕組みの導入により、ランキングベースでのプロが約1500人へと減少する見込みである。

選手数は2018/11/28現在。2019/6/16一部更新。

選手数の引用元:atptour.com、wtatennis.com、itatennis.com

関連記事:

テニスのプロ選手とアマチュア選手の違いは?
...
ITFエントリーポイントとは?ITFトランジションツアーについて
...