ウィム・フィセッテのコーチ暦は?大坂なおみの新コーチ2020

テニスの大坂なおみ選手は、2020年の新シーズンに向けて、ウィム・フィセッテ氏を新コーチに決定したことを発表しました。

大坂選手のツイッターに投稿された新しいチーム大坂の顔ぶれです。

ウィム・フィセッテ氏は大坂選手の左隣で右から3番目です。

ウィム・フィセッテ氏とはどんな人?

ウィム・フィセッテとは

フィセッテ氏は、1980年3月22日、ベルギー生まれ。2019年12月現在39歳。

職業は、国際テニスコーチ。女子のテニスコーチとして、名を馳せている人物です。

フィセッテ氏がテニスを始めたのは、9歳の頃で、子どもの頃から、国内のテニス選手として活躍しました。

18歳の時、ドイツに居を移し、国際大会にも出場するようになりました。

テニス選手としての最高ランクは、1999年8月23日の1291位。19歳の頃です。

20歳頃から、子どものテニス指導に携わるようになったそうです。

プロテニス選手への指導のきっかけとなったのは、同じベルギー出身のクライシュテルス選手に、ヒッティングコーチを頼まれたこと。2004年のことでした。クライシュテルス選手は、前年の2003年に世界ランキング1位に輝いた有名選手でした。

そして、本格的にテニスコーチの道を目指し始めるのは、2007年。当時は会社で働いていたそうですが、辞職し、コーチになるべく勉強を始めました。

フィセッテ氏の家族は、奥さんとお子さんが2人。フィセッテ氏の公式サイトなどで写真を公開しています。フィセッテ氏の公式サイトはこちら

ウィム・フィセッテ コーチ暦

フィセッテ氏が初めてコーチに就任したのは、2009年のこと。クライシュテルス選手が産休から戻ったあとのコーチでした。

クライシュテルス選手は、2009年8月に2年3か月ぶりに現役復帰したのですが、その大会では準々決勝進出、次の全米オープンにはワイルドカードで出場し優勝します。

クライシュテルス選手は、フィセッテ氏がコーチをしている間にグランドスラムで3勝、ファイナルズでも優勝、フィセッテ氏のコーチングも注目されました。

  • 2009-2011年 K.クライシュテルス 自己最高世界ランキング1位
    • 2009&2010全米優勝、2010WTAツアー選手権(g)優勝、2011全豪優勝
  • 2013年 S.リシキ 12位
    • 2013ウィンブルドン準優勝
  • 2014年 S.ハレプ 1位
    • 2014全仏準優勝
  • 2015-2016年 V.アザレンカ 1位
  • 2016年 P.クビトバ 2位
  • 2016年 S.エラーニ 5位
  • 2017年 J.コンタ 4位
  • 2017-2018年 A.ケルバー 1位
    • 2018ウィンブルドン優勝
  • 2018-2019年 V.アザレンカ 1位
  • 2020年 大坂なおみ 1位

フィセッテ氏は、ずっと強豪選手のコーチをしていますね。

まとめ

大坂なおみ選手の2020年からの新コーチを務めることになったウィム・フィセッテ氏は、1980年ベルギー生まれの元テニス選手で、2004年から女子プロテニス選手の指導キャリアをスタートし、2009年からはトップ選手たちのコーチを歴任している有名コーチである。

関連記事:

大坂なおみ2020年の試合日程は?WTAツアー大会一覧
...
サーシャ・バインがコーチする新しい選手は誰?
...
ジェンキンス新コーチとはどんな人?大坂なおみ2019
...