全米オープン2020の会場マップやチケットは?

テニスの全米オープン2020は、開催が決定しています。会場やチケットはどうなっているのでしょう。

全米オープン2020の会場

会場は、例年通り変更なし。

開催都市は、

  • アメリカ・ニューヨーク

会場は、ニューヨークのクイーンズ区北部、フラッシング地区に位置するフラッシングメドウズ・コロナ・パークという公園の中の、

  • USTA ビリージーンキング・ナショナルテニスセンター

です。

全米オープン開催時の日本とニューヨークの時差は、

  • 13時間

です。

会場マップは?

公式サイトの会場マップはこちら

2020年はインターラクティブなマップになっています。

昨年の地図は次のようになっていました。

map

出典:usopen.org

全米オープン会場には、22のコートがあります。4つのショーコートと呼ばれるスタジアムと13の試合用コート、そして5面は練習コートに割り当てられています。ほかに会場の外側にも12の練習コートがあります。

メインコートは6角形のスタジアム、アーサーアッシュ・スタジアムです。

上の地図ではその右隣にある四角いスタジアムが、ルイアームストロングスタジアム、左下の角の丸いスタジアムがグランドスタンドです。

右側にあるグランドスタンドよりも小さい丸のコートは、コート17です。ザ・ピットとも呼ばれます。

ショーコートそれぞれのキャパは、

  • アーサーアッシュ:23,771
  • ルイアームストロング:14,000
  • グランドスタンド:8,125
  • コート17:2,800

ショーコート以外のコートにも客席があり、試合用の13面では合計12,656、会場内の練習用コート5面では、672の席が用意されています。

全米オープン2020テニスコートの新サーフェスとは

全米オープン2020のチケット

全米オープン2020は、無観客で行われます。よってチケットは、

  • なし

現在公式サイトでは、2021年のチケットについてのみインフォメーションが載っています。2020年のイベントカードなどをすでに購入している場合は、返金されます。2021年には使えませんので払い戻しが必要です。

2021年のチケットはいつ発売される?

一般発売は、2021年6月が予定されています。

まとめ

全米オープンテニス2020の会場は、例年通りニューヨークのナショナルテニスセンターである。無観客開催のため、チケット販売はない。

-全米オープンが見れるのはWOWOWだけ-

関連記事:

全米オープン2020テニスコートの新サーフェスとは
...
全米オープン2020日本選手は誰が出場する?組み合わせは?
...
全米オープンテニス2020の日程と放送予定!決勝は何時
...
全米オープンテニス2020のシードと欠場選手
...